ハリー王子、20年目の勇気ある告白

スポンサードリンク



母ダイアナの悲劇を乗り越えて…

イギリス王室のヘンリー王子(こちらでは一般的にPrince Harry、ハリー王子と呼びます)といえば、お兄さんのウィリアム王子に比べてヤンチャしがちな若者、という印象がありますよね。

そんな彼も32歳になり、先日、自らがメンタルヘルスの問題を抱え、セラピストに相談した事を公の場で告白。同じように問題を抱えつつ、誰にも相談できないでいる人たちにエールを送りました。

20年前に母のダイアナ妃が亡くなった当時、ハリー王子はまだ12歳。現実を受け止められず、それ以来自分の悲しみや混乱といった感情に蓋をして生きてきたそうです。それが原因で20代には羽目を外したり、「訳もなく誰かを殴りたくなった」こともあったけれど、自分の心の中を直視する事を避けていたと言います。

それが、家族やセラピストに話をすることによって自分の押し込められた感情に気づき、向き合うことが出来るようになったそう。現在はウィリアム王子や義姉のキャサリンと共に、Heads Togetherというメンタルヘルス・チャリティを主催しています。

ハリー王子は自分の体験を元に、今悩んでいる人たちに「誰かに相談して。一人で溜め込まないで」という強いメッセージを送りました。ダイアナ妃の事があったとは言え、恵まれた環境にあると見えたロイヤルファミリーの人気者が赤裸々に自身の経験を語ったことは、多くの人に勇気と感動を与えました。

勇気ある告白は、噂の彼女のサポートのおかげ!?

ハリー王子の告白は、メンタルヘルスの問題をオープンにして話しあうことの大切さを教えてくれました。彼に告白する勇気を与えたと言われるのが、結婚間近と噂になっているガールフレンドのメーガン・マークルです。

アメリカ人のモデル・女優であるメーガンの性格は「とてもオープン」だそう。ハリー王子が「オープン・アップ」するのに多大な影響を与えたというのもうなずけますね。

メーガンとハリー王子は結婚秒読みとも言われていて、すでにイギリスでは次のロイヤル・ウェディングの日にちがベッティングの対象になっています。ゴシップニュースによると、メーガンはペッパ・ミドルトン(キャサリン妃の妹)の結婚式に参列するため、来月のドラマの撮影をお休みするとか、しないとか…。一時はハリポタ女優のエマ・ワトソンとも噂になった、恋多き(そして美人好きな!)ハリー王子も、遂に年貢の納めどきでしょうか!?

ところでハリー王子、早くから薄毛になってしまったウィリアム王子の頭をからかい続けてきましたが、最近では彼の頭頂部も怪しくなってきています。お父さんのチャールズ皇太子も頭頂部が薄く、ダイアナ妃側も薄毛の傾向がある家系という事で、彼の髪の毛も風前の灯火かも…。

ここは、薄毛が進行する前に早く彼女と結婚しちゃった方がいいかもしれませんよ、王子様〜!!

 

 

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

イギリス生活もトータル10年超になり、節約生活も板についてきました。暮らしが便利になるお役立ち情報、お得情報をまとめています。英語の情報を読むのに疲れちゃったよ!という時にもどうぞ^ー^