VPNはどんなのがあるの?無料と有料、どちらが良いのか?

スポンサードリンク



日本語のサイトや動画を制限なく楽しみたい時は。

Yahoo!Japanや日本の動画サービス、海外からのアクセスを制限したホームページなど、イギリスから見られない・利用できないサイトは多数存在します。

でも、海外にいるからこそ日本の情報が必要なこともありますよね。

そんな時に使えるのがVPN。出先で無料Wifiを使うときなど、プライバシー保護が必要な時にも便利です。

無料VPNでも大丈夫?

Image by Goumbik from Pixabay

「無料(またはfree)VPN」で検索すると、たくさん情報がでてきます。ただ、宣伝されている無料VPNの中には悪質なものもあるそうです。どんな会社や団体が運営しているのかなど、きちんとリサーチしてから使うことが大切ですね。

私はTunnelBearの無料版や、筑波大学のVPN Gateを使ってみたことがあります。どちらも接続はいまひとつ安定していなかった印象でした(数年前のことで、現在は違うかもしれません)。ですが、空港での無料Wifi使用時などたまに使う程度だった上、無料だから仕方がないと気楽に考えていたこともあり、それほどデメリットは感じませんでした。正直、良くも悪くもないという感じでしょうか。

ちょっとチェックしてみたい、という方の為にサイトをご紹介しておきますね(私が使った限りでは情報漏えいなどの被害もありませんでしたが、使用される場合はご自身の責任でお願いします)。

  • VPN Gate https://www.vpngate.net/ja/

筑波大が学術実験のため、無料で公開しているサービスだそう。登録不要なので、まずは使ってみたいという人に向いています。

  • TunnelBear https://www.tunnelbear.com/

キャラクターのクマさんの可愛さにクラっときますw。Wikiによると、2018年からマカフィーの傘下に入っている模様です。無料・有料プランがあるので、まずは無料で試してみたいという人に◎。

安定した接続なら、やっぱり有料VPNがおすすめ

コロナでなかなか日本に帰れず、いつもよりホームシック気味な人は多いかと思います。私はしんどい時、日本のお笑い芸人さんたちのYoutubeを見て慰めてもらってます。でも、「続きはAmebaで!Tverで!」などと日本の動画サイトを案内され、見られないんだよ〜…と悲しくなることもありました。

また、ネットサーフィンや調べ物をしている時に、海外からのアクセスをブロックしているサイトにぶつかることもあります。そんな不都合に耐えられず、有料VPNを調べることにしました。

意外と低価格…!

有料版も検索するとどわーっと出てきますし、比較サイトもあります。嬉しかったのは、意外と利用料が安いこと。1〜3年など長期の契約にすると特に安くなります。無料版がない会社でも、「最初のXX日は、気に入らなければ無条件で返金します」という条件が目につきました。

海外のサービスでも日本語サイトが充実

日本のサイトもありますが、海外の会社でも日本語サイトを作ってくれているところが多数あります。その中から、日本にサーバーを持っている有料VPNをいくつかご紹介します。

  • ExpressVPN https://www.expressvpn.com/jp/unrestricted-1

30日間の返金保証あり。費用はやや高めながら、24時間のライブチャットでカスタマーサポートしてくれるそうです。

  • Cyber Ghost https://www.cyberghostvpn.com/ja_JP/uk-vpn

3年契約にするとかなり割安になります。返金保証は45日間です。

  • インターリンク https://www.interlink.or.jp/support/utility/vpn.html

日本の会社が良いという人に向いています。60日間の無料体験あり。

気になる会社があったら、サイトをチェックしてみてくださいね。

次の記事では、私が使っているVPNをご紹介します。

【次の記事】日本の動画が視聴できるVPNをご紹介。初期費用が格安になる裏技も!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

イギリス生活もトータル10年超になり、節約生活も板についてきました。暮らしが便利になるお役立ち情報、お得情報をまとめています。英語の情報を読むのに疲れちゃったよ!という時にもどうぞ^ー^